本来の用途と違う方法で使っている日用品

本来の用途と違う方法で使っている日用品で一番に思い浮かぶのは、洗濯バサミです。

New Topics
本来の用途と違う方法で使っている日用品
本来の用途と違う方法で使っている日用品

本来の用途と違う方法で使っている日用品で一番に思い浮かぶのは

■ 40歳 男性
本来の用途と違う方法で使っている日用品で一番に思い浮かぶのは、洗濯バサミです。
今住んでいる家のカーテンがしっかりピタリと閉まらないので、洗濯バサミで止めて隙間を無くしています。その他にもテレビゲームでボタンを押しっぱなしにしたい時に、洗濯バサミでボタンを挟み固定して使ったりしています。
一枚の小さな鏡や、スマートフォンを斜めに立てかけたい時、下部分を四またの洗濯バサミで挟んでやるとうまく斜めに立てかける事が出来、見やすくなるので便利です。
このように洗濯バサミの汎用性は優れたものがあると思います。まだまだ別の用途を見つける事が出来るかと思います。
祖母に教わった日用品の別の使い方で感心したのは、クリーニングで貰うワイヤーハンガーに、いらなくなったストッキングを被せて掃除道具として使うことです。
ストッキングには静電気効果があるからなのか、ほこりが吸い付きます。テレビやタンスの隙間などに、突っ込むと面白い程ほこりがとれたりします。
さらにワイヤーハンガーの別の使い道があります。ニッパーで切ったりして、自由自在にくねくね折り曲げます。そしてそれに帽子やニット帽をかぶせスタンドとして役立てます。オシャレな置き場所として活躍してくれます。カツラやウィッグの置き場所にもなるのではないでしょうか。

お役立ち情報