本来の用途と違う方法で使っている日用品

ステンレス製の保冷、保温水筒があります。

New Topics
本来の用途と違う方法で使っている日用品
本来の用途と違う方法で使っている日用品

ステンレス製の保冷、保温水筒があります

■ 44歳 男性
ステンレス製の保冷、保温水筒があります。冷たいまま、熱いまま長時間飲み物の温度を維持してくれるものです。
本来の目的は飲み物を入れておくために使うのでしょうが、少し別の使い方で使うことがあります。それは食べ物をゆでたり煮たりするのに使うのです。
熱湯を入れ、そこにスパゲティの麺を入れ蓋を閉めて暫く置いておくと火を使っていないのに茹で上がります。あずきや大豆を煮るときは半日ぐらい同じようにして放置しておくとこちらも柔らかく煮えています。
お風呂のお湯が冷めないようにするシートがあります。銀色の部分を湯の表面につけておくと結構冷めません。本来はお風呂に使うものですが、お風呂で使わなくなったものを別の用途に使っています。それは敷布団の下に敷いているのです。
冬は下からどんどん熱が逃げて行くと言われますが、これを敷いておくと温かいままキープすることができて、それほど寒さを感じなくなりました。
新しいものでなく、お風呂で使わなくなったものを使っています。
洗濯物のネットや玉ねぎなどが入っているネットがあるのですがこれらを別の用途に使うことがあります。それは石鹸を入れて泡立てるのに使うのです。
大きな石鹸でもいいですし、小さくなって使いづらくなった石鹸でも使えます。普通に泡立てようとしても泡立ちにくいですが、これらを使うとすぐに泡立てることができます。

お役立ち情報