本来の用途と違う方法で使っている日用品

日用品って、見方を変えると全く違う用途に便利だったりします。

New Topics
本来の用途と違う方法で使っている日用品
本来の用途と違う方法で使っている日用品

日用品って、見方を変えると全く違う用途に便利だったりします

■ 32歳 女性
日用品って、見方を変えると全く違う用途に便利だったりします。
一つの用途にとらわれてしまうと、その用途がすんだら捨てられてしまうものでも、見方を変えればまだまだ使うことができるのです。

たとえば使い古した歯ブラシ。歯ブラシは細かい部分の掃除に適しているので、窓枠やキッチンの三角コーナー、お風呂の排水溝など色々な部分の掃除に役立ちます。私の家でも使い古した歯ブラシは、家族みんなで掃除に使っています。
その他、穴の開いた靴下もとても重宝します。手にはめて雑巾代わりに色々なところを拭いてピカピカにできます。夫の黒ずんだ靴下は、洗濯済みでもなんとなく家の中を拭きたくないので、庭やベランダの掃除に使います。子供たちや自分の靴下は、窓ふきや棚のほこり取りなどに使っています。
その他にもペットボトルで家庭菜園を作ったり、お米の袋で野菜作りなんかもできます。
それぞれの用途が終わっても、違う観点からもう一度使い方を考え、ゴミを減らす生活を心がけてみてはいかがでしょうか。

お役立ち情報